二次対策の進め方~高橋ver~ | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2017年 9月 7日 二次対策の進め方~高橋ver~

こんにちは、マイブームは鍋の焦げ落とし、高橋です。

 

昨日は薬缶を磨きました。

①鍋に水と重曹を入れて薬缶を煮る

②薬缶が冷めたらアルミホイルをくしゃくしゃにして重曹をつけて磨く

 

大抵の汚れはこれでOK。しかし手強い汚れは一度では落ちません。もう一度同じ手順を繰り返します。それでも落ちない場合はクエン酸。この手順で我が家の薬缶はピカピカになりました。

 

これではただのお掃除ブログになってしまうので本題へ。過去問演習と鍋磨き、関係がないようで実は似ているんですよ。

過去問における手強い汚れは知識の穴、即ち間違えた問題です。

 

まず皆さん、問題解きますよね。そして丸つけして見えてくるのは知識の穴。

ここで重要な点は「間違えた問題をそのままにしないこと」。

 

まいっか、後でやろうは要注意。

過去問と似たような問題が出題される可能性は大いにあるので、過去問演習講座、学校の先生、担任助手、友人すべてを駆使して解けない問題がゼロの状態で次の年の過去問に取り掛かってください。

 

汚れのないピカピカの状態で本番を迎えられるよう、あと半年頑張っていきましょう。

 

 

****************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL 0120-104-780

~開館時間~

月~金 11:30-21:45

土 10:00-21:45

日・祝 8:30-19:00

****************