大学受験においての英単語勉強法 | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2016年 5月 25日 大学受験においての英単語勉強法

みなさん、英単語はどのように暗記していますか?

使っている単語帳も違えば、覚え方も人それぞれだと思います。「英単語はたくさん覚えなきゃいけないのに、覚えてるうちに前にやったはずのものが抜けていく…」ということがよくありませんか?

時間が限られている受験の英語においては、英文に出てきた単語のイメージが瞬時に頭に浮かび、

最終的にはまるで日本語のようにスラスラ読めることが必要とされます。

ここで一つ、

わたしの実践していた英単語の覚え方を紹介しようと思います。

わたしは何度も反復して覚えられない単語にひたすら付箋を貼っていました。

付箋が何個あっても足りずコスパが悪かったので、コンビニの安い紙の付箋を縦に裂いて使っていました(笑)

そして単語帳は常に持ち歩き時間の空いた時には5分、10分の時間でも眺めるようにしていました。

 

通学時間や通塾時間は、時間が限られているためダラダラ単語を覚える事を避けられ集中することができるので中だるみしやすい人にはおすすめです。

 

わたしが思う覚え方のポイントは

一回一回覚えようとするだけでなく、本当に時間がない時でもパラパラめくって眺めることで瞬時に英単語の意味を出す練習をすることです。

いわばフラッシュカード的な使い方で、単語の暗記をマンネリ化させないようにしていました。

また付箋を外してあるページでも時間の空いた時に眺めていると少し忘れていた単語が見つかったりして得です!

 

そこで見つけた抜けはすぐにその場で付箋を貼り直してまた覚えるようにしていました。

 

わたしが挙げたものはあくまで参考で、それぞれ自分に合った覚え方はあると思うので、暗記を進めながら自分にとって最良の方法を見つけようと試行錯誤することが大事だと思います!

 

 

みなさん頑張りましょう!

 

☆明日の巣鴨校☆

開館11:30

閉館21:45