担任助手の成績の伸び~吉田ver~ | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2017年 8月 25日 担任助手の成績の伸び~吉田ver~

 

こんにちは!吉田です。

 

夏休みも終盤に差し掛かりました。また、日曜日にはセンター試験本番レベル模試がありますね。この模試で夏の頑張りを発揮しましょう!

 

本日は僕の8月センター模試からセンター試験本番までの伸びと勉強法についてお話します。

 

まずは伸びについてです。

 

僕は英語(筆記とリスニング)と世界史に関しては、センター試験本番で自己ベストを出すことが出来ました。

つまり…

 

 

最後の最後まで伸びるんですよ!

(途中で諦めなければ)

 

続いて、勉強法についてお話します。

英語

模試や過去問で知らない単語や表現に遭遇したら、文中で意味を推測する癖をつけるようにしていました。

 

例えば、

The slaves were anxious to alter their destinies.

この文章で”alter”の意味が分からない場合、

僕は、alterに印をつけて”奴隷は自分たちの運命をalterすることを切望している。”と頭の中で整理して、次の文を読み進めていきました。

次の文にヒントがあるかもしれませんから。

ここでやっていけないことはalterの意味が分からないからといって、そこで止まってしまうことです。

解き終わった後には、分からなかった単語や表現を手のひらサイズのノートにメモしていました。

自分だけの単語帳ですね。僕は大学生の今でも続けています。

 

世界史

世界史は教科書を中心に勉強しました。しかし、教科書の知識だけでは足りないので一問一答や資料集に載っている細かい事項を教科書に書き込みました。

教科書で木のを作り、一問一答や資料集で枝葉を付けるイメージです。

また、間違えた問題こそ知識を増やせるチャンスなので、復習を忘れずに。その際には、用語集や資料集を総動員しましょう。

 

これらが参考になったら、是非取り入れてみてください! 不安なことがあればすぐに相談してくださいね! 

 

****************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL 0120-104-780

~夏休み時間割~

月~土 7:00-21:00 

日・祝 7:00-19:00

****************