担任助手の成績の伸び~小柳ver~ | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2017年 8月 22日 担任助手の成績の伸び~小柳ver~

こんにちは!小柳です。

夏らしくない気温が続いたと思ったらまた暑くなりましたね。

気温差が激しいと体調を崩しやすいので、睡眠栄養をしっかり取って模試に備えていきましょう!

 

さて、今日は私の8月センター模試から本番までの伸びと勉強法です。

私は①英語②世界史について書きます!

 

 

①英語

私はまず、夏休みにセンター過去問を10年分解きながら、演習講座で大問別を必要に応じて解きました。

機械的に決まったことをやり続けるのではなく、1回1回試行錯誤し、必要に応じて解いたのが良かったと思います。

いろいろ試しながら解いていくうちに、自分は1⇒2⇒5⇒6⇒3⇒4の順番で解くのが解きやすいと気づき

6月模試では時間が足りなかったのですが、時間内に7~8割は安定してとれるようになった感じで模試に臨みました。

しかし

136点。

なぜかというと。。。

なんと。。。

時計を忘れたんですね。。。

1度は自分のアホさに落ち込みましたが、

 

時計なしで解けるほどには読むスピード解くスピードが染み込んでないことを認識し、

 

 

時計忘れても大丈夫なくらい解くスピード早くしよう!

第1志望の過去問も解くスピードが体に染み込むくらい解こう!

 

 

と勉強へのエネルギーに変えました。笑

 

 

そして、次回の模試からは今までとは比べものにならないくらい慎重に持ち物の確認を前日も当日もするようになりました笑笑

 

 

 

9月以降は二次の過去問をしっかりやるとともに、A組、学校で読んだ長文、全部理解し終わった過去問の長文を音読してました。

 

 

また、その時に基本例文300も毎日アプリ使って10文ずつ読んでました!

 

 

文法は学校で週1時間、問題集解く時間があったのでそこで集中してやるに留めてました。

 

 

そして、模試直前や本番直前は演習しました。

 

 

②世界史

夏休みで10年分と演習講座の大門別では3ページくらいまでを解きました。

 

そして、本番までは主に二次の過去問とパーフェクトマスターという東進の問題集使って力をつけました。

 

学校の通史が終わったタイミングの11月頃、1問1答を書いたりはせず隙間時間をあてて一周し、それがちょうど千題テストの勉強になりました。

 

12月頃は、学校から東進に来るまでの間スマホで毎日大門別を1問解き、夏休みにやった過去問10年分を再び解きました。

 

ひたすら解くのではなく、解いたあと出来なかったところの教科書や実況中継を見なおしたりしてその周辺知識も、もう間違えない!のが大事だと思います。

 

 

 

センターにおいても

二次においても

 

 

担任助手と同じ勉強法をすれば合格出来るということはありません

 

 

自分に何が足りないかをいつも考えて

その穴をゴールに向かって自分で埋めていくのを繰り返すのみ!

 

 

志望校に対して開く穴はどこにいつ開くかも大きさも、埋め方も人それぞれです。

その穴を自分で発見できる人が強いです。

 

 

 

このブログは勉強法を考える1参考にして頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

 

鉛筆

消しゴム

受験票

時計

飲み物

糖分

 

 

 

 

 

忘れずに!(笑)

 

 

 

****************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL 0120-104-780

~夏休み時間割~

月~土 7:00-21:00 

日・祝 7:00-19:00

****************