いってらっしゃい受験生! | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 26日 いってらっしゃい受験生!

 

こんにちは、担任助手2年の藤田涼佑です。

最近大学の試験期間中で、受験生に負けないくらい勉強を!って気持ちでは思っているのですが、やっぱり昔ほど集中力が無くなったことを感じます。

改めて受験生の時の当たり前ってすごいとしか言えないです。

 

そんなことはさておき、もう1月も一週間で終わりますね。時間の流れが早すぎて本当に怖いです。

受験生は早い人はもう私立入試が始まっている人もいるでしょう、本当に終盤戦に突入しましたね。

今日は自分の方から、そんな皆さんにメッセージを書こうと思います!

 

共通テスト前の出陣式に出てくれた受験生には話したと思うのですが、自分は今年成人して、この前成人式というものを経験し久しぶりに小中学校の人と会いました。

自分は大学生受験を基本8割以上はする高校に入り、受験を経験し大学生になり、担任助手という人の受験を手伝わせてもらう仕事をしているからこそ感じませんでしたが、意外と地元の人たちに久しぶりに会ってみると、受験している人の方が少ないんですよね。

6割の人は仕事か専門学校、残りが大学みたいな感じで、しかも専門学校の人は二年制がほとんどなのでもう就活が済んでいる人だらけでした。

そんな人たちに会って、大学受験って当たり前じゃないんだなと痛感したし、すごい働いている人たちが立派にも見えました。

どちらの方が素晴らしいとかはないとは思いますが、自分の人生をまっすぐに生きている人たちは何をしていてもカッコイイんですよね。

 

そう考えた時、今の自分はもっとやれることがある気がします。

冒頭でも言いましたが、大学生になってから受験生の時よりも勉強できなくなったなぁって感じるし、時間を浪費することが多いです。

そうなってしまった一番の理由は何かと考えた時に、出てくるのは期待の大きさなのかもしれません。

大学入ってから、将来のためにひたすらに頑張っていたとしてもそれを応援してくれる人の量は受験の時よりも明らかに少なくなり、ただ単位を取る、ただ資格を取るとなっている部分があります。

プレッシャーに負けないように頑張ることは、同時に多くの人の期待を背負っていること。だからアスリートは正念場で実力以上のことができたりするんだと思います。

 

何が言いたいかっていうと、大学受験が当たり前ではない世の中で、自分の将来のために青春と呼ばれる今の時期を犠牲に多くの期待を背負い全力で頑張っているみんなはすごいなって最近今まで以上に思います。

部活したい、遊びたい、行事全力で参加したいなど様々なやりたいことを押し込んで努力をし続けて、ここまで来ているみんなは最高にカッコイイです。

今日1/26ですよ?よくここまで頑張ってこれた、本当にすごい。心から思います。

出陣式でも言いましたが、共通テストまで乗り越えたみんなに改めて伝えたいです。

本当にここまでお疲れ様。

 

あとは頑張ってきた分を出すだけですね。

ここまで来たみんななら大丈夫。

”受験に絶対はない”これはよくA判定の人に向かって言われる言葉ですが、今日は特にリサーチ結果があまりよくなくて落ち込んでいる人にこそ伝えたいです。

頑張って全力を出してきて!というよりは、信じているからこそ。

「ここまで本当にお疲れ様、いってらっしゃい!」という言葉を最後に送ろうと思います。

 

明日のブログは松岡先生です、お楽しみに!!

 

************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(冬休み時間 12/19~1/9)

平日/土曜:8:30~21:45

日曜/祝日:8:30~19:00

※年末年始の開館時間は校舎にお問い合わせください。

開館時間(通常時間)

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************

過去の記事