低学年時代エピソード…? | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2021年 9月 28日 低学年時代エピソード…?

 

みなさんこんにちは、担任助手1年の藤田涼佑です!

もう9月も終わりに使づいているのに、まだまだ外は暑いですね。

服装に困る今日この頃ですが、寒くなればなるほど1年の終わりも近づいてきているということですね。

受験生の皆さんはここから最後の追い上げをしなければならないだろうし、低学年の皆さん(特に高2)はそろそろ完全な受験生になるべきタイミングなのではないでしょうか?

今日はそんな皆さんに自分の低学年時代のエピソードについて話そうと思います!!

 

ここまでを聞いて、あれ?と感じてくれる人もいるかもしれません。

というのも、自分が東進巣鴨校に入塾したのは高3の6月なんですよね。

低学年時代東進で過ごしてないじゃん!!っていう(笑)

まあだからこそ、今のみんなに伝えたいエピソードがあるので聞いてください!

 

これは自分が高2の時の話なのですが、高校二年生の藤田少年は志は決まっていましたが、受験への覚悟は決まり切ってませんでした。しかし、自分の志を叶えるためにも、親に楽をさせるためにも国立のとある大学に行きたいという気持ちがあり、塾に入ろうか悩んでいる時期がありました。

ただ自分の高校は勉強よりも部活重視な人が多く、何より自分自身も週6のバスケ部に入っていたので、周りも入ってないしいいかなぁとかなり迷っていました。

そんな時、今でも忘れない高2の1学期の期末試験。部活が忙しく、普段そんなに勉強しなくてもそれなりの点が取れていたので、いつも通りでテストに挑むと、衝撃なことが起こったんですよね。

物理36点。平均が44点くらいのテストではあったので、めっちゃ低すぎるわけでもないですが、割と絶望しました。

結果的に、その瞬間物理という科目を諦めてしまい、理科1科目で受験すればいいや、国立諦めようという自分になってしまい、今に至ります。

もしあの時、塾に入ろうという選択ができていれば。それこそ東進のシステムなら部活が忙しくても頑張れるようにはなっているので、前から東進の存在を知っていればってすごく感じます。

 

正直、自分は低学年のうちから東進に入っている皆さんが羨ましいです。

人間は1日に35000回も決断をします。

その多くの決断の巡りあわせで、今の環境が創り上げ、新しい選択が毎日のように迫られているのです。

せっかく東進に入って、頑張ろうと決断した自分がいるなら、最後まで頑張り切ってみませんか?

その結果生じている今だからこそ、そこで頑張らないなんてもったいなさすぎます。

ちょっと今たるんでるなって人は初心に戻って心を入れ替えて頑張ってみてください、時間は有限です!

 

明日のブログは南雲担任助手です~お楽しみに!

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************