受験校の決め方~金子担任助手~ | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2015年 10月 14日 受験校の決め方~金子担任助手~

こんにちは金子です

また最近風邪がはやっていますね。大事なのは手洗いとうがい

東進に着いた時家に帰った時、常に手洗いうがいは忘れずにしましょう。

 

今回は私の受験校をどのように決めたか紹介します!

今皆さんが受験校を決めている時期だと思いますので、よかったら参考にしてください!

 

 

私は栄養学科を受験したため、女子校が受験校の大半を占めていました。

 

つまり、

受験が始まるのが誰よりも早かったです。(女子大は1月の後半から始まるので)

まず受験校を決める際に気を付けていたことは連続での受験をなるべく少なくすることでした

3日連続で受けるのが最大だと思います(女の子は時に!)

受験本番の緊張などはかなり疲れとして出てくるのでしっかり休むこと考えて受験校を組み合わせましょう。

 

次に気を付けたことは、併願校の決め方です

併願校は受験本番の雰囲気になれるためまた、自分との相性が合う問題が出てくる可能性もあるので多いとよいと言われます。

しかし、多くてただ受けるだけではいけませんよね。

 

大事なのは「過去問演習」をどれくらいできるかです!

いかに対策して受験に臨むかが大切なので、併願校も自分が対策できる数を受けましょう。

受験生の誰しもが第1志望校の対策に力を入れて対策していくのは当たり前です。が、

併願校の過去問も最低3年分以上は解いていきたいですよね。

受験まであと3,4か月なので、その時間で解いていけるか自分で考えましょう!

 

私は受験校をしっかりと戦略を立てて決め本番に向かいましたが、併願校の過去問をあまりやらずに併願校を受けてしまったため、滑り止めとして受けた大学が不合格でした。

滑り止めを不合格だと、かなり精神状態を不安定になり受験を乗り切れるかどうかわからなくなりました。

 

どのような学校でもしっかりと対策してください!!

 

大学受験には必ず結果が出ます。

そして

合否の結果というのはよくも悪くもその後の受験に影響されます!

どんな学校でもです。

 

つまり、併願校でも自分が「行きたい」と思う大学を選んで志望していきましょう!

 

 

まだまだ受験本番の体験談というのは人それぞれあるのでどんどん紹介して、少しでもみんなのためになればいいなと思います!

何かあったら聞いてください

 

★明日の巣鴨校★

開館11:30

閉館21:45