受験生も低学年も校舎に来て勉強しよう! | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 10日 受験生も低学年も校舎に来て勉強しよう!

 

 

みなさんこんにちは!

担任助手二年の藤田です、最近急に寒くなりましたね。

秋服を買ってもすぐに冬になってしまうのでどうしようと最近悩んでいます。

 

自分から今日皆さんに伝えたいのは校舎に来て勉強しよう!ということです

東進の良いところでもあり悪いところは映像授業により家でも受講ができることですが、それを言い訳にして校舎に来ない人いませんか?

もちろん家で本当にできているならいいですが、家でできている=東進に来た時と同じ勉強時間が取れているということです。

仮に18時には校舎に来れるとしたら、閉館まで勉強したら3時間半以上は勉強できます。受講だとしたら毎日最低1コマ、人によっては2コマできる時間があります。

みなさんが家で毎日最低4時間以上の集中した勉強時間を確保して、受講などをやっているなら一切否定はしませんが、正直そんなにできている人はいないのではないでしょうか。

 

受験生になったら毎日学校あっても6時間以上、休日は12時間以上勉強するのは当たり前です。なかなかそれを家で一人でやるのはきついと思うので低学年の皆さんは今のうちに校舎で勉強する習慣をつけましょう!

受験生の皆さんはここまできたら勉強の量とるなんて当たり前です。

その上で自分から一つアドバイスを書こうと思います。

 

自分から一つ伝えたいのは、自分の脳をごまかしても何にもならないということです。

今の皆さんは共通テストまで100日を切り、不安でいっぱいだろうし、何より自分自身の目標との乖離に悩まされていると思います。

ただそんなみなさんだからこそ、伝えたいのは現実から目をそらすなということです。

有名な心理学者が、「体重が増えつつある人は、例えば仕事のように段々と体重とはあまり関係ないものに興味の中心を移していく」と人間の現実逃避について例を挙げました。

気持ちの中心を動かす方が痩せるより楽だからこそ当たり前ですよね。

これは何事でも同じで、人間が失敗するときの思考です。“好ましくない現実”ほど受け入れる必要があります。

 

皆さんには、自分に足りないところを悔やんで立ち止まるより認めて走り続けられるような人になってほしいです。

一人で走り続けるのがつらいなら、そういうときこそ担任助手を頼ってください。

そんなときのための自分たちです。

明日のブログは府川さんです、お楽しみに!!

 

************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************