心の持ちようが大事 片山担任助手 | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2016年 1月 10日 心の持ちようが大事 片山担任助手

みなさんこんにちは!

連日、担任助手からのメッセージが発信されていますね。今日は片山からのメッセージです!

 

私が一番言いたいことは「気持ちの余裕が大事」ということです!

 

センター試験が近づいて「国語がやばい」、「リスニングが出来ない」など、受付でよく聞くようになってきました。

「気持ちの余裕ったって、余裕なんてないよ!!」

という気持ちの人もいるかもしれません。

 

私も二次試験などすべての受験を含めて、一番緊張したのはセンター試験でした。

12月最終の模試の国語が悪かったこともあり、国語の不安が半端なかったです…

ですが、当日の私の心境といえば。

 

「最終模試から今まで、考えられる対策はすべてした。これで点が取れなかったらそれはもう『二次試験で取り返せ』って神様がいってるんだ。」

 

リアルに、こんな風に考えてました。

一種の開き直りとも取れますね!笑

 

ですが、緊張してるのはみんな一緒。

不安なのも、みんな一緒。

わりとすがすがしい気持ちで受けれたと自分でも思います。

 

私の友達ではやっとセンターだ!やっと合格できる!」って言ってる子もいました。

極端に強気ですが、受験ではこのくらいの気の強さが大事だと思います!!

 

ですが、やっぱりそういう風に思えるためには、「やることはやりました」と思えるほどの努力が必要です。

センター試験まで残り6日、すがすがしい気持ちでセンター試験を迎えるために、今を全力で努力してください。

頑張るのは自分のためです。私たちももちろん応援しています!!

 

気持ちを強く、頑張りましょう!!

 

☆明日の巣鴨校☆

開館 8:30

閉館  19:00