暗記の仕方 | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2021年 8月 26日 暗記の仕方

こんにちは!担任助手の松村です。

8月もあともう少しです、夏休み最後まで頑張っていきましょう!

今回は暗記の仕方についてお話します。

といっても革新的な暗記の仕方があるわけではなく、私が受験生時代やっていた暗記の仕方についてです。

暗記は人によってやり方が違うことが当然だと思うので、

こんな人もいるんだなぁくらいに思ってもらえたらうれしいです。

 

日本史などは基本的にアウトプットしながら暗記するタイプでした。

日本史などはまずは受講などで内容や概要の理解、そのあとに問題を解いて間違えながら覚えていきました。

最初はあまり正答率も高くなく間違いだらけで落ち込むこともありますが、

間違えることで記憶にも残っていきました。

間違えた箇所の周辺の情報も教科書やテキストに戻り調べて理解を深めていきました。

流れが分からなかったら苦手な範囲を自分でルーズリーフにまとめてみたり、家系図を書いたりしてみました。

何回も間違えるところもルーズリーフに書いていました。

それらのルーズリーフは一つにまとめて休憩時間に見ていました。

 

英単語などは書く、というより何回も目を通すことを意識しました。

書いて覚えられる人もいるかもしれませんが、

受験生時代は時間もなかったため、書くことは時間がかかる上に

自分は書いて覚えられるタイプではなかったこともあり

時間のあるときはいつでも単語帳を開き、何回も見て覚えていました。

音読も効果的だと思います。

 

私はあまり暗記が得意ではなかったのですが、

好きになる、ということは意識していました。

例えば日本史の用語の暗記だと、ただの単語の暗記だと頭に入ってこないので

その背景知識を入れてストーリーにして覚えていました。

 

暗記が嫌いだと思っているとやる気もなくなってくるので、

楽しく勉強できるように自分から調べてみるなどと工夫して暗記していました。

 

皆さん自分の趣味や好きなことはすらすら暗記できますよね?

人間、自分の興味のあることは覚えやすいものです。

勉強を好きになる努力をしてみるのも良いかもしれません。

 

次回は池田先生です、お楽しみに!

 

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(7/19~8/31)

平日:8:00~20:30

土曜:8:00~20:30

日曜/祝日:8:00~19:00

**************