模試前の勉強法! | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 18日 模試前の勉強法!

みなさんこんにちは!

担任助手2年の藤田です。

もう八月も折り返しですね、皆さん夏休みの宿題は進んでいますか?

受講や模試の復習、高速基礎マスター、定石問題演習、イングリッシュワークショップ、受験生なら過去問など夏休みは本当にやらなければいけないことが山積みです。

だからこそ、早めに宿題は終わらせて受験勉強に集中できるように切り替えていきましょう!

 

その上で、少し上でも触れましたが。今週末は模試ですね。

みなさん勉強は順調でしょうか?

今日は自分の方から、模試前の今と模試の日の直前に何をするのがおすすめかを紹介させていただきます!

 

〈模試前にやるべき勉強〉

暗記物を詰め込む

正直、今から数学や英語の点数を大きく上げようとしてもきついです。

だからこそ、一番点数UPに直結するのは暗記物を詰め込むことなので、数学の公式を確認したり、英単語を見たり、理社の苦手な範囲を見直したりすると、意外とそこが出たりします!

実際自分の話をすると、共通本番の行きの電車で、たまたま会った友達とここはでるよって話してた化学の問題がそのまま出ました。

それで結果的に6点増えたのは今でも忘れられないですね。

 

実際に模試を解く

模試の点数を上げるなら、ただinputをするのではなく、実際にその形式に慣れるというのが一番大切です。

受験生はこの夏過去問を10年目標にしてやっていると思いますが、それでも足りないって言えるくらいです。

だからこそ、受験生の人も低学年の人もこの残り3日間で少なくとも1年は解きましょう!

低学年の人も受付で言ってくれれば過去問なら渡してもらえると思うのでぜひ!!

 

〈模試の日にやるべきこと〉

①めっちゃ簡単な問題を解く

正直これが一番おすすめです。よく、暗記物をひたすらに詰め込んでる人もいますが、それよりも短い時間で成果を出すならこれです。

というのも、もし詰め込んでて全然わかんないところがあったら絶対焦りますよね?

そうすると不安な気持ちで模試に挑み始め、普段は取れるところも落とすなんてことになります。

だからこそ、個人的には下手にわかんないところ見直したり、難しい問題解くなら、今の自分なら絶対解けるっている問題を解いて自信つける方が良いです!

 

②ルーティーンを作る

これは勉強ではないのですが、本番に向けて自分なりの決まったことみたいなのを作っておくのを勧めます

例えば、必ず〇〇を食べるとか、必ず制服で行くとか、自分のポテンシャルが最大限発揮できるような環境を作りましょう!

自分は必ず制服で行って、模試の日も本番も食べるものは全て同じにしていました。

別に意味の内容に感じることも習慣化することで落ち着きに変わるものです。

 

以上こんな感じですね。

この夏休みの模試は、1年間の模試の中で一番大切といっても過言ではありません。(同日を除いて)

みなさんが最高の結果を残してくれることを期待しています!!

明日のブログは清水担任助手です、通っている大学について話してくれるらしいです。

お楽しみに!!!

 

************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

夏休み開館時間

平日:8:00~21:00

土曜:8:00~21:00

日曜/祝日:10:00~19:00

**************