過去問演習のやり方 金子担任助手ver | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2015年 10月 2日 過去問演習のやり方 金子担任助手ver

みなさんこんにちは金子です!

 あっという間に10月となり、だんだんと涼しくなりましたね。

 

今回は昨日に引き続き過去問をどのように解いていたかを説明したいと思います!

私は、8月のセンター試験本番レベル模試で目標点に達しなかったため、9月中もセンター試験の過去問を勉強し本格的に大学の過去問に入ったのは10月からでした。

各大学毎にノートを作り、過去問を解いてノートで復習をしていました。

 

私は10月から大学の過去問を解く事を始めたため、本番まで余裕をもって過去問を解けませんでした。

なので、今の実力では難しい大学の過去問現在の自分の実力である程度解ける大学の過去問を分けて解く日程を立ててから解きました。

自分の実力では少し難しいと感じる大学は、決まった時間を決めずに自分がどのくらいの時間で解けるのか、その大学がどのレベルを求めているかを分析しました。

一方で、実力である程度解ける大学の過去問は、時間をしっかりと図り本番を意して解きました。

 

第1志望校の過去問を何週も解き対策したかったため、自分の実力で解けそうな大学の過去問は5年分を最低1周してしかっり対策が打てるように、本番を意識して解きました。

 

センター試験本番まで残り106日です。

あと3か月内容の濃い毎日を過ごしていきましょう。

緊張感をもち、しかし焦らずに

 

自分がなにを目的に勉強しているのか。1か月、1週間、1日毎に明確にしていきましょう!

 

★明日の巣鴨校★

開館 10:00

閉館 21:45