過去問演習のやり方 高木担任助手ver | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2015年 10月 10日 過去問演習のやり方 高木担任助手ver

こんにちは!担任助手の高木です。

 

今日は私の過去問演習のやり方をご紹介したいと思います!!

 

 

と言っても、正直私はあまり過去問を上手く使いこなせませんでした。

この経験を踏まえて、受験生のみなさんに気をつけてほしいことをお伝えします。

 

 

どこが問題点だったかというと、

分析の甘さ」です。

 

みなさん今第一志望校の過去問を解いていると思いますが、問題の難しさ結果にだけ気を取られていませんか?

実は私がそうでした…()

 

過去問を解く

「うーん、難しいな」

「時間が足りないな」

問題の復習だけは一応やる

 

この流れのどこが悪いかは、分かりますよね?

難しいなら、どう勉強してそのレベルまで実力を持っていくか?

時間が足りないなら、どこを工夫すれば克服できるか?

反省を生かして改善策に落とし込むことができていません。

 

受講や復習に追われてやることが多すぎて、考えたり分析をする時間をあまり取ることができませんでした。

 

しかし、受験が終わってから第一志望校に合格した人の話を聞いていると、皆ちゃんと過去問を解いたあとにきちんと分析して、「どうしたら確実に合格できるか?」を考えられているんだな、と感じました。

ここが第一志望校に受かるかそうでないかの違いだと思います。

 

つまり結論は

過去問を解いたら、毎回「確実に合格する」ための分析をして、進化していく

 

ということを意識しながら解いていってほしいと思います。

 

 

寒さも強くなり体調を崩しやすい季節ですが、残りの時間を全力で駆け抜けましょう!

 

★明日の巣鴨校★

開館 8:30

閉館 19:00