ブログ | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 2022年01月の記事一覧

2022年 1月 31日 受験でのエピソード! 

 

みなさん、こんにちは!

担任助手1年の武田浩周です。

 

受験生の皆さんは、受験がついに始まりましたね!

共通テストが終わって早2週間がたち、だんだんと私立の受験も始まってきました。

1年間の成果をここで100%発揮できるように受けてきてほしいです!

 

さて、

今回の題名が受験エピソードということなので

自分が1年前どうだったかと考えてみました。

 

まず、

共通テストが終わったころから生活リズムが崩れ起きる時間が遅くなったり、寝る時間が遅かったりととても受験生とは思えない堕落した生活を送っていました。

これは、

共通テストで1区切りがついた気持ちになってしまったからですね。。

(そこからが本当の勝負だったんですけれどね…)

 

でも、

今思うと無駄な時間だったし、何より受験にすごく影響しました

朝から勉強する習慣がなくなてしまったので、受験の日に起きるのがまず大変でしたし、

最初の科目が始まる時間に頭が働かず、100%の力を出し切れないということがありました。

 

また、

勉強面でいうと私立大学の過去問を何年分解くか・いつ解くかと明確にしていなかったため、

しっかりと準備をできた大学と過去問対策が不十分な大学ができてしまいました。

準備が不十分のままで試験に臨もうとすると、学力面だけでなく気持ち的にも不安でになってしまいます。

「安全校だから過去問1年も解かなくていいや」と思わずに必ず1・2年分は解くようにしましょう!

 

また解く時期も大切で、

(安全校とかは大丈夫ですが)試験前日に初めて過去問を解いてしまうと、

もし特殊な問題などが出た際に1日で対処をしなければいけなくなってしまうので大変ですし、

対策が間に合わなくなってしまうこともあります。

これは、去年の自分が経験した中で1番の失敗なのでぜひみなさんはしないようにしてくださいね!

 

今はやるべきことが多くて大変だとは思いますが

あと1か月乗り切ってしまえば素敵な未来が待っているはずです!

 

ここが踏ん張り時です!

一日一日を大切に頑張りましょう!

 

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************

2022年 1月 30日 受験生の皆さんへ by岡野

皆さんこんにちは、担任助手1年の岡野です。

今日は、これから第一志望校の入試を迎えるであろう受験生の皆さんにアドバイスとメッセージを送りたいと思います。

 

2月の勉強についてのアドバイスは、

①併願校の問題も復習する

②入試本番前日までの勉強内容をすべて決めておく

です。

 

①に関しては自分の経験談ですが、慶應の数学で出てミスをした問題と似た問題が早稲田の数学にも出て、自分は早稲田でも同じミスをしてしまいました。自分は慶應の試験が終わった後、答え合わせだけをして、それで満足をして解き直しはしませんでした。入試が終わった直後は解答のみが出て、解説はなかなか出ないので、普段のように復習するのは難しいかもしれませんが、あっていると思っていたのに間違っていたところや知識の問題に関してはしっかりと復習をした方がいいと思います。

もし、併願校の結果に気をとられないために答え合わせをしない人がいたら、それはそれで一つの策だと思います。ですが、もし答え合わせをするのであれば、復習できるところはしっかりと復習しておきましょう!

 

②に関しては受験の合否を分けるかもしれないほど大事なことだと自分は思っています。入試直前は今まで以上にバランスの良い勉強が大事になってきます。自分は二次試験の2日前ぐらいに数学のまだ解いていない問題がなくなってしまい、ほかの大学の問題を解くか東大の過去問を解き直すか悩みました。結局後者を選びましたが、入試本番ではあまり本調子が出ませんでした(緊張のせいかもしれません、、、)。ですので皆さんには今から入試本番までやるべきことを書き出し、それをどれくらいのペースで解くべきなのかを考えてから勉強することをおすすめします。

 

最後に、受験生の皆さんに向けてのメッセージです。

 

いまほとんどの受験生が1ヶ月後のことで頭がいっぱいになり、3月以降のことについては全く想像がついていない状態だと思います。いまは大学受験のゴールに向けて全力で走っている最中だと思います。しかし、人生の中で大学受験はゴールではなく一つの分岐点にすぎないと自分は思っています。第一志望校に行けたとしても行けなかったとしても、それは成功や失敗ではなく、一つの分岐点を右に行ったか左に行ったかの違いだと思います。そしてその道の良し悪しを決めるのは、その道を歩んでいる自分自身です。今日も私たちはそのような道を歩んでいます。1か月後のことしか考えられずつらいかもしれませんが、いまできることは今歩いているこの道を良いものにできるよう全力を出し切ることだけだと思います。

ゴールを見据えて逆算的な思考をするよう何度も言ってきましたが、大事なのは今この瞬間何をしているかです。目の前にあるものに対して全力で取り組みましょう!

最後の一瞬まで応援しています。皆さん頑張ってください!

 

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************

2022年 1月 29日 大学受験エピソード

こんにちは!東進ハイスクール巣鴨校担任助手の中畑です

 

さて、ついに受験シーズンですね

 

受験生の皆さんは本番で最大限の力を発揮できるように、現在高校2年生の皆さんは受験まであと1年を切ったという自覚を持ちながら受験勉強に向き合ってもらえればと思います。

 

というわけで本日は僕の受験エピソードについて書いていきます。

 

以前のブログで共通テストの体験談については書いたので、今回は二次私大入試の体験談を簡単に書いていこうと思います。

 

僕の受験初戦は現在通っている慶應義塾大学薬学部でした。

 

当時の僕は東大志望であり、模試における慶應の判定は常にB判定以上であったことから、まあそこまで対策しなくてもなんとかなるだろうと楽観的に考えていました。

 

そのため過去問もあまりやらずに試験当日を迎えたわけですが、

 

最初の試験科目である英語の文章が僕にとっては非常に難しく、ほぼ初見で臨んでしまった僕にとっては想定外の事態ということもあり、試験中にかなり焦ってしまったのを覚えています。

 

最終的には得意科目である数学と化学でなんとか挽回できましたが、試験終了直後の僕は合格想定でいた慶應薬学部が落ちたかもしれないという焦りにかられ、そこからの1週間はひたすら早慶の過去問対策をしっかりやっていました。

 

今考えるとこれが東大不合格の原因の一つであったように思います。

 

というのも、最後の私大入試である早稲田商学部の試験が終わった時点で東大本番まで残り5日。

 

その時点の僕は10日ほど東大の対策をおろそかにしたまま早慶の対策にのみ専念してしまっていました。

 

その結果、東大英語のリスニングや英作文といった得意であったはずの分野にもしばらく触れることができず、その結果感覚を取り戻せないまま本番を迎えることとなってしまいました。

 

最終的に東大英語は50/120という結果に。

 

これは夏以降の東大模試、過去問含めてワーストレベルの得点率でした。

 

また、これも結果発表後に分かったことですが、僕の点数は合格まであと10点というものでした。

 

英語を含め、東大対策を最後まで怠らずしっかりやっていれば結果は変わったかもしれないと受験から2年たった今でも思ってしまいます。

 

と、話が長くなってしまいましたが、僕から伝えたいことはあくまで受験の最大目標は第一志望合格であり、その事は最後まで忘れてほしくはないということです。

 

併願校の入試が始まると、自分の想定とは違うことが起こるかもしれません。

 

それに対して焦りを感じることもあると思います。

 

しかし、これまでの皆さんの努力は第一志望合格のためのものである、そのことは絶対に忘れないでほしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました、受験生の皆さん、残り僅かの期間ですが入試後に後悔が残らないような日々を過ごしてください、応援しています。

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************

2022年 1月 28日 受験生の皆さんへ 今出より

受験生の皆さんへ

こんにちは。お久しぶりです。今出です。

受験生のみなさんに会えなくて寂しいです、、お元気ですか?最後までそばで応援したかったのに、叶わなくて悔しいです。お家でも全力を尽くせていますか?

共通が終わってから早くも2週間になります。そして2週間後には全ての入試を終える人も出てくるでしょう。

 

私から伝えたいことは、最後の最後まで絶対に諦めないでほしいということです!

受験においてのゴールは近づいています。今諦めてしまったら、絶対に夢は叶いません。最後に信じてあげられるのは自分だけです。ここで諦めてしまったら、今まで必死に頑張ってきた自分が可哀想です。

受かっても落ちても、どんな結果でも、やり切ったと思える受験にして欲しい。その経験が自信となり、これからの財産になります。

 

去年受験前に聞いていた曲がありまして、少し恥ずかしいですが紹介します、、笑 GReeeeNのハローカゲロウという曲です。ソチオリンピックのテーマソングだったので、知ってる人もいるのではないでしょうか? 

仲の良い友達は推薦で決まり、共通も上手くいかず、メンタルがボロボロだった当時の私を支えてくれました。受験前の皆さんにきっと勇気をくれると思います!よかったら聞いてみてくださいね笑 

 

保護者の方はもちろん、私たち担任助手も、皆さんが必死に努力してきたを見てきました。頑張ってる人って本当にかっこいいですよね。

これから受験や合格発表が増えてきて、辛いこともあると思いますが、最後まで走り抜いてください。どんなことがあっても負けないでやり抜いてください。どうか諦めないで。皆さんにエールが届きますように!

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************

2022年 1月 26日 受験生へ

こんにちは!担任助手1年の溝江です。

今回は受験直前期に何を考えていたかを書きたいと思います。

それは自分の合格までの道のりを正確に描くことです。

具体的には自分は、二次試験で英語80点、数学80点、国語50点、物化70点を目指していて、今の時点で取れる(今回の過去問演習で)点数が〇〇点だから各教科〇〇点伸ばさなければいけないそのためにどういう勉強を、いつするか、を具体的にカレンダーに書いてそれを過去問演習をするごとに修正していって、ということをしていました。

自分にはこういう勉強が必要で、それをいつやらなければいけないというのを具体的に把握していることで、直前期でもあたふたせずに最後まで力を伸ばすことができました。

よく言われていることですが、今まで勉強を積み上げてきた受験生こそ、直前期は指数関数的にぐわーーと伸びていきます。

だからこそ今この時期にどれだけ正しい勉強をできるかが合格の鍵になります。

闇雲に過去問を解く、問題集を解くだけでなく、

自分のことを分析したり、問題傾向を分析したりすること

にも少し時間を割いてみてください!

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」です。

敵の実力や現状をしっかりと把握し、“自分自身のことをよくわきまえて戦えば”、なんど戦っても、勝つことができるものです。

自分は今何ができて、何ができないのか、そしてこの限られた時間でどこまで伸ばすことができるのか、

一度立ち止まって考えてみてください。

視界がクリアになるはずです!!

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間

平日:13:00~21:45

土曜:10:00~21:45

日曜/祝日:10:00~19:00

**************


過去の記事