ブログ | 東進ハイスクール 巣鴨校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ 2021年07月の記事一覧

2021年 7月 31日 過去問分析の重要性

 

皆さんこんにちは!担任助手の熊谷です。気づけば7月も残すところあと1日となりました。早いですね。

皆さん後悔のない1か月を過ごせましたか?実感しつつあると思いますが、夏休みは長いようで短いです。 1日1日を大事にしましょう!

 

そんなこんなで8月に入るわけですが、さて受験生の皆さん、8月は何をメインで勉強しますか?東進生の皆さんならわかるでしょう。そうです、過去問です。
そして過去問をやっていくうえで最も大切なことは分析です。

これから皆さんが解いていく第一志望の過去問には必ずその大学特有のクセがあります。例として一橋大学の数学では「整数問題」と「確率」はほぼ毎年でます。

過去問を解いて終わりにするのではなく、分析することで今の自分は何が足りないのか、何をするべきなのかが見えてきます。

過去問には限りがあります。どうせやるなら、1回の過去問から得れる最大限の効果を得ましょう。ここからは「量」を取るのは当たり前、その中でいかに「質」を上げれるかの勝負です。

受験の天王山。8月。最後までやり切りましょう!!!

 

明日のブログは今出先生が担当しますお楽しみに!

2021年 7月 30日 リフレッシュも計画的に

こんにちは!担任助手の池田です!

最近本当にアツくなってきましたね。

夏休みに入って自由な時間が大幅に増えたと思いますが、皆さんは1日をどのように使っていますか?

もちろん受験生(もしくは受験勉強を始めている高校生)なら1日のほとんどを勉強に費やしていると思いますが、今日は「リフレッシュ」についてお話しようと思います!

勉強漬けの毎日は必要ですが、たまには息抜きをすることでその後の勉強効率も上がりますし、やる気が続かないですよね。

そういった時にリフレッシュをすることになると思いますが、漫然と時間を使うことは避けましょう。きっちり時間を決めて、計画的に休憩しましょう!!

 

明日のブログは熊谷先生が担当します!お楽しみに!

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(7/19~8/31)

平日:8:00~20:30

土曜:8:00~20:30

日曜/祝日:8:00~19:00

**************

 

2021年 7月 29日 予定を守りきろう!

皆さんこんにちは!担任助手の岡野です。

 

夏休み時間割が始まってから10日が経ちました。皆さんはじめに立てた予定通りに勉強出来ていますか?

 

恐らくほとんどの生徒が予定通りに進んでいないのではないかと思います。僕も去年はそうでした。

 

しかし、ここで重要なのはこの10日間で遅れてしまった原因を考えて、それを踏まえて計画を修正することです。遅れを取り戻そうとさらに厳しい計画を立てたところで実行できないのは目に見えています。

 

自分の勉強ペースを把握した上で最も効率良く勉強ができるような実行性のある計画を立てそれを絶対に守りきりましょう!

 

夏休みも残り約1ヶ月です!後悔の残らないよう全力でやり切りましょう‼️

 

明日のブログは池田担任助手です!お楽しみに!

 

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(7/19~8/31)

平日:8:00~20:30

土曜:8:00~20:30

日曜/祝日:8:00~19:00

**************

 

2021年 7月 27日 東進からの挑戦状~君はこの問題を解くことができるか~ 解説編

こんにちは!

担任助手の小林です!

東進からの挑戦状、ご覧になりましたか?

早速ですが、問題の解説をします!

原文は

He was able to do with ease what I had frequently done,if at all,only with the greatest difficulty. です。

和訳はこちらです!

「彼は、私がたとえやれたとしても、最大に苦労してやっとできることが多かったようなことを簡単にやれたのだった。」

みなさんの想像していた訳と一致していましたか?

解説してみます!

まず、この文章の根幹となる主節を探しましょう。

主節は、文章のなかで要は一番言いたいことを言っているので、文中に色々な修飾や挿入がありますが、そこは一旦置いておいて、主節の中の主語、述語を探しましょう!

He was able to do

というのがこの文章の一番言いたいいところで、

「彼は〜できた」です。

さらに with ease が修飾してきます。with+名詞で副詞になります。「簡単に〜」という意味ですね。

「彼は簡単に〜できた」ですね。

さて、ここで waht が入ってきます。このwhat節で、彼が簡単にできたことを説明します。このようにwhatやthat等、関係詞が出てきたときは、その節がどこまで続くか、を見抜かなければ行けません。この文章では、whatから最後まで、関係詞節となります。

その節の中で、注目できるのが、「,」コンマに囲まれたわかりやすい挿入部分がある事です。コンマが不自然にふたつあった場合、そこに囲まれた部分は挿入、つまり節とは関係ない部分になるので、かっこでくくったりするといいでしょう。

at allは色々意味がありますが、この文では、if の後に続くので、「仮にも、多少なりとも」という意味です。が、ifの後には節が続かなければなりません。と、いうことは省略が起きています。

省略は、前に同じ形がある場合に置きます。つまり省略部は、

if I had done at all あたりにするのが妥当です。

「仮にも私ができたとしても」という挿入になります。

with great difficulty は言うまでもなく、「最大の努力をして」くらいが妥当でしょうか。その前のonly はwith以下にかかります。

ここも注意で、onlyを普通に訳してしまうと「最大の努力だけをして」となって文脈上意味がわかりません。

onlyには、「初めて」とか「やっと」とかいう意味合いもあります。「最大の苦労をしてやっと」ですね。

関係詞節の冒頭は、捻りもなく、「私が、いつもできた」です。

上にあげた関係詞節をまとめると、「私が、仮にできたとしても、最大の努力をしてやっとできたこと」となります。

もう一度通訳をあげると、

「彼は、私がたとえやれたとしても、最大に苦労してやっとできることが多かったようなことを簡単にやれたのだった。」

と、なります。

難しいですね。こんな短文でもパッと解説を作るとこのくらいになります。

英文はざっとなら読めるけど、いざ和訳したりすると解釈が全然違ったり、読めそうで読めなかったりします。

そんな時に、日頃から文章を論理的に読む癖をつけておくことが必要となります。

フィーリングでとむ癖がついてしまう前に、文法事項をしっかりと暗記ではなく理解して、正しい英文解釈が、正しい文構造を取って、できるようになれば、難しい英文にも対応できるようになります!

そして、この問題の出典である「飛翔のための英文読解講義」が今なら無料で体験できます!

この授業は、90分×20コマの構成で、前半10コマは構文把握(出題した問題の解説含む)、後半10コマは長文読解となっており、文章を読む力が飛躍的に伸びる授業です!

僕自身、受験生のとき受けていて、非常に明快で、新しい学びがとても多かったことを覚えています。

みなさんもぜひ、分かる喜びを体感してみてください!

お申し込みは、下のバナーからしていただけます。締切は7/31(土)です!間近となっておりますので、お早めにお申し込みください!

※この講座を受講したい方は、お申し込みフォームの備考欄に「飛翔受講希望」とご記入ください。

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(7/19~8/31)

平日:8:00~20:30

土曜:8:00~20:30

日曜/祝日:8:00~19:00

**************

2021年 7月 27日 夏バテしてませんか?

こんにちは~オリンピックが気になっている今出です!

 

夏休みが始まってからだいたい1週間くらいたった人が多いのではないでしょうか。

夏休みの始まりはやる気に満ちていても、暑さと自分の意志の弱さに負けて、失速してしまう人が多く出てくるのもこの時期です!

もう一度自分の目標を見つめ直して、自分にを入れましょう!!

 

朝登校できてますか?

毎日登校してますか?

受講は修了してますか?(受験生)

共通10年分は終わりそうですか?(受験生)

1日15時間以上勉強できてますか?(受験生)

 

高校2年生の皆さんは周りと差をつけるためのラストチャンスです!

 

後悔しないように、限られている時間を1分1秒大切に過ごしてください。

応援してます!!!

 

明日のブログは坂尾さんです!!お楽しみに~

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

開館時間(7/19~8/31)

平日:8:00~20:30

土曜:8:00~20:30

日曜/祝日:8:00~19:00

**************