【国立文系向け】これからの勉強のすゝめ | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2019年 1月 22日 【国立文系向け】これからの勉強のすゝめ

こんちには!

明日から大学は春休みになります、青柳です。

 

みなさん、センター試験おつかれさまでした!!!

 

自己最高点だった人、うまくいかなかった科目がある人、いろんな結果の人がいると思います。

 

本当の勝負はここからです。

 

本日は国立文系向けということで!

 

どう切り替えていくべきか、どんな勉強をここからするべきかを書いていきます!

 

 

まず、

 

①出願校をもう一度よく考え、出願するのを忘れない!後期も!!

 

私立と違って、国立は大学によっては足切りがあります。

 

特に思うように結果が残せなかった人は、出願校決定は慎重に行ってください。

 

また、後期の出願も前期と同じ時期です!お忘れなく!!

 

 

②基礎の再確認は1月中に!!

 

センター試験を通して、どの科目も基礎事項はかなり完璧に近い状態になっていると思います。

 

ですが、

 

まだ固めきれていない部分は、1月中に必ず潰しましょう!

 

2月になってからは私立の入試も始まってあまり時間がとれない&精神的にも基礎に戻るのは焦りが出てきてしまいます。

 

あやふやな部分は即固めましょう!!

 

 

③論述対策必ず!!!!

 

センター試験と二次試験で大きく違うところが「自分の言葉で答案をつくる」という部分です。

 

特に、社会や国語は答案が数百文字に及びます。

 

センターは「正解を導き出す」ことがゴールでしたが、

 

二次では「導き出した正解を採点者に自分の言葉で正しく伝える」ことが求められます。

 

 

対策するときは、自分で納得できたからOK、ではなく、

 

自分の考えていることが正確に伝わる答案になっているか、を意識して勉強するようにしてください

 

 

国立二次まであと5週間、

 

全力でがんばってください!!応援してます!!