数学計算演習とはどのようなものなのか? | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2019年 4月 15日 数学計算演習とはどのようなものなのか?

みなさんこんにちは!!

根本です!

今日は、理系なら誰でも一度は聞いたことはある数学計算演習について!担任助手ではなく、上級計算演習まで完全修得した生徒にインタビューしてみました!

 

 

ではまず!

現在、巣鴨校に通っているAさん(数学計算演習上級ⅡBまで完全修得している)にお話を聞きました!!

Q、数学計算演習をやるメリットは?

A、やってよかったのは、演習ができたこと、計算スピードが上がったこと!

Q、上級まで完全修得したのは、結構大変だったと思うけど、どうだった?

A、上級は確かに難しかったです。だけど、計算演習楽しかったって思います!

なるほど…計算演習は各問題に時間制限があるので、時間を意識しながら問題解くことができますね!

ちなみにこのAさん、高2です!

一般的な高校2年生だと、数学ⅡBまで学んでないし、しかも上級ⅡBまで完全修得しているのは一歩、いや五歩くらい先をすすんでますよね。

!びっくり!

 

では続いて

同じく巣鴨校に通っていて、数学計算演習上級ⅡBまで完全修得している、Bさんにお話を聞きました!!

Q、計算演習やって、どうだった?どんな効果があった?

A、受講終わってから計算演習に手をつけたから、総復習になってよかった。あとは、計算演習で出てきた問題パターンは全部覚えることができた。(解法暗記ができた)

Q、模試の感触はどう変わった?

A、模試はもちろん、計算演習やった後の方がやりやすかった!笑

Q、上級までやったと思うけど、どうだった?

A、上級までやっても、もちろんそれだけでは足りないと思った。やはり苦手科目は苦手であることに変わりはないので、それなりにやらなければいけないと思う。

根本、インタビューしててびっくりしました…

え、数学苦手なのに上級まで完全修得してる!でも計算演習はBさん的には受講後の基礎固め演習に過ぎなかったんですね~~

計算演習では終わらず、更に問題集などを使って勉強すすめていきましょ!

 

 

ちなみに

計算演習って分野ごとに分かれているので、それらが修得済みかそうでないか

そこから自分の苦手がはっきりわかる!という点が問題集にはないメリットかと思います!

数学どうしても苦手分野できてしまいますよね、人間だもの!

仕方ないけど、まず基礎固め(土台作り)として、計算演習で苦手分野つぶしして!

問題集やっていくとがっちがちに数学力ついていくと思うので!

みなさんもぜひやってみてください

 

 

長くなりましたが最後に!

勉強って嫌いだと、とことん頭に入っていかないしストレスでしかないです。そんなん一年も続かないですよ!

私は苦手なら好きになる努力をすべきだと思います!

「担任助手や、先生に言われたからやる」ような勉強もただのストレスです!

まずその科目や分野のいいところを知って自分なりに取り組むといいですよ

私も英語めっちゃ嫌いだったけど好きになる努力をしつつ、自分なりに勉強計画たててなんとかモチベ保ちながらやりきることができました!

 

受験勉強は長くてしんどいけどいつか終わりが見えてくるので後悔だけはないように頑張ってください

 

 

最後まで読んでいただきありがとうこざいました!

 

**************

東進ハイスクール巣鴨校

 TEL : 0120-104-780

開館時間 

平日 13:00~21:45

土曜 10:00~21:45

日曜 10:00~19:00

 **************