模試復習のポイント【黒石版】 | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2019年 6月 9日 模試復習のポイント【黒石版】

皆さん、こんにちは!黒石です。

東京も直に梅雨入りでしょうか、テンションも下がりますが、頑張っていきましょう!

 

さて、本日は全国統一高校生テストでしたね。

ちなみに私は6月の模試で目標としていた英語180点に届かず、非常に悔しい思いをしたことを覚えています。

みなさんは目標点突破出来たでしょうか。出来た人も出来なかった人も必ず復習をしましょう。

ところで復習をする、と言いますが、復習とは実際何をすることなのでしょうか。私なりに考えてみました。

①正誤を確認し、点数を可視化する

②間違えた問題、迷った問題の解答解説を見て、自分の誤っていた部分を把握する

③上記で確認した問題の分野を重点的に学習する

みなさんの想像する復習は②までの人が多いと思いますが、実は③が一番重要だと思います。同じ問題は基本的に出ないので

例えば文法の問題で比較級のno less thanの問題を間違えたとしたら、他の比較級の問題を確認する、といった感じでやりましょう。

ここで復習のときに陥りやすいミスについても、記載させていただきます。

単刀直入に言うと、事実と課題は違う、ということです。文字だけ見ると当たり前ではないか、と思いますよね。

しかし受験生がよく陥るのが点数が低いことを課題と認識してしまう、ということです。

点数は事実であり、問題ではありません。点数が取れなかった原因が解決すべき課題となります。ですから事実から課題を設定するようにしましょう。

例えば、数学ⅠAが40点で出来ない、で数学の演習量が足りないことを課題と設定してしまうと失点している真因を追求できず、時間を無駄にして

ⅠAでも確率に苦手意識を感じていて、そこが失点していれば、確率を重点的に演習すれば良いと思います。

その点を十分に理解した上で復習していきましょう!

*************

東進ハイスクール巣鴨校

TEL : 0120-104-780

月~金 13:00~21:45

土 10:00~21:45

日 10:00~19:00

**************