高3にとって全国統一テストを受ける意義とは | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2018年 10月 10日 高3にとって全国統一テストを受ける意義とは

こんにちは!黒石です!

10月は過ごしやすいイメージがありましたが、今年の10月は気温が安定せず過ごしにくい日々が続いていますね…(・・;)

毎日の洋服を決めるのが億劫で制服が恋しいです笑

 

さて、センター試験まで今日で残り100日となりました。

多くの受験生は過去問や二次対策を進めているところでしょうか。自分もこの時期は早稲田対策の講座を進めていました!

 

受験生にとってこの時期にセンターレベル模試を受ける意義とは一体何でしょうか?

黒石なりの意義を考えてみました。

学力の向上を図る指標になる

→二次対策で比較的難しい問題慣れしているので簡単に感じやすい+成績も伸びている場合が多い

基礎の抜けのチェックになる

→二次対策ばかりで基礎が疎かになっていないかなどのチェックになる+

センター利用入試の出願参考になる

→志望校記入欄にセンター利用の判定を見る+どこに出願するかの参考になる

これくらいですかね。

後は外部会場慣れとしても使っていました。

自分は早稲田以外の二次対策を極力したくなかったので

センター利用入試で明青立法中を合格を死守するためにも力を入れて勉強していました。

また10月のセンター模試で一定の点数を超え、かつ一定数以上の学部を出願すると必ず1学部以上には合格するというデータもあるんです。

とにかく、模試は一定の間隔で受けることが大事です!

成長の確認や課題の発見をするためにも必ず全国統一高校生テストを受験しましょう!

**************

東進ハイスクール巣鴨校

 TEL : 0120-104-780

~開館時間~

月~金    11:30-21:45

土 10:00-21:45

日・祝 8:30-19:00

 **************