8月センター試験本番レベル模試お疲れ様でした! | 東進ハイスクール巣鴨校|東京都

ブログ

2018年 8月 27日 8月センター試験本番レベル模試お疲れ様でした!

こんにちは!担任助手1年の小林 亜未です!大学生の夏休みも高校生の皆さん同様忙しく、充実した毎日を送っています!

さて、みなさん、センター模試、お疲れ様でした!受験生の皆さんは巣鴨校ミッションであるBラインを意識しながらできましたか?受験生以外の人たちも自分の決めた目標点を目指せましたか?

自己採点をして、目標点に到達できた人も出来なかった人もいると思います。受験生のみなさんはもう後受験まで時間がないと焦ってしまうかもしれません。しかし、私が声を大にして言いたいことは、

点数や判定だけに固執しないことです。

模試を受けた後の生徒の皆さんの特徴として、点数や判定を見て、落ち込んだり、喜んだりして模試を終わらせてしまう傾向があります。私も生徒だったときは模試の結果を見て、一喜一憂して、その後は何もしないということが多かったです。ですが、それでは模試を受けている意味がないのです。

模試というのは自分の実力を測るもの。そして、自分が今何が出来ていないのかを明白にするものです。つまりみなさんは今、実力を測って終わりにしているのも同然なのです。何が出来ていないかを把握し、復習する。模試の醍醐味はここにもあります。

自分の苦手が模試を見れば一目瞭然なのに、点数を見て内容を見ない。これだけもったいないことがあるのでしょうか。そんなもったいないことをみなさんにはしてもらいたくはありません。

だからこそ、一に復習、二に復習、三四も復習、五も復習してほしい。

また、模試問題を復習することで、自分の頭の中に問題のバリエーションが増えていきます。そうすると、本番で同じような問題が出てきたときに解けるようになります。実際に、模試に出てきたものとそっくりの問題がセンターや二次試験で出てくることがあります。前に復習した問題が本番でも出てきたとしたら、確実な得点源になると思いませんか?

模試の復習は合格への一歩でもあるということを覚えておいてもらいたいです。

模試を受けるメリットをみなさんにはもっと享受してほしいと思っています。だから、皆さん、再三言っているように、復習をしっかりして、日々の勉強を更に有意義なものにしていきましょう!改めて、模試お疲れ様でした!

**************

東進ハイスクール巣鴨校

 TEL : 0120-104-780

~開館時間(夏休み時間)~

月~土    7:00-21:00

日・祝 7:00-19:00

 **************